2012年09月

訳するとダラダラ、ゴロゴロ。やりたいときにやりたいことをやってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.9.30の撮影記です。

昨日は京阪本線の特急色でしたが、9.26から石山坂本線でも特急色が復活しています。公式HPでは「京阪本線特急色600形車両」と書いています。

昔、260形ってのが三条~浜大津間をこの色で走っていたものを600形で復活しています。

用事のついでに石山寺駅の前をふと通りがかると、特急色が見えたんで早速、車を止めて撮影。石山寺での折り返しは数分なのでかなりラッキーでした。ちょうど、緑の700形が来たので並んで撮影。




発車時に土手の彼岸花と撮影。もうちょっと引き付けたかったなぁ。



昨日に続いて京阪な土日でした。
スポンサーサイト
本日、「旧3000系特急車〔クラシックタイプ〕竣工記念列車運転」に行ってきました。めずらしく速報です。

私の子供のころといえば、京阪間は阪急、京阪、国鉄の三つ巴状態で、各社無料なのに豪華な車両を投入し京阪間ノンストップ運転で競っていました。

その中でも京阪と接する機会が何かと多く、国鉄からの乗り換えでちょくちょく乗車していました。良くあったパターンが京津線から三条経由四条までのコース。このとき緑の普通車に混じって来る特急車3000系はあこがれの車両でした。

しかし、いつしか各社の京阪間ノンストップ運転はなくなり、3000系もいまや一編成のみとなり8030系となって8000系に編入されて風前の灯。来年の引退を前に前面が往年の3000系に復元され、さらにその竣工記念列車は久々の京阪ノンストップ運転されるということで、これを逃す手はない!とばかりに出かけてきました。


さてさて、前置きはこのくらいとして・・・まずは西三荘に向かい、送り込みの回送を撮影します。京阪としてはめずらしく?各駅に数人~20人程度撮影者がいる状態で注目度の高さがうかがわれました。

まずは大阪方から来た8000系・・・。



順不同です。原色で頑張る2400系。初期に冷房化されたグループで大量のエアコンが並んでいます。このタイプで大型パンタのものが好きでしたが、すでに原色車はなくなったようです。



京都方から本命の数本前に来た8000系特急・・・厳重な監視体制です。



後ろも3人とは・・・。




本番が来ました。明るい曇りで逆光にもならず、好条件でした。臨の副票に回送の幕。回送も鳩マーク付きかと思いましたが予想が外れました。







前後共撮影できました。後追いは黄色の線からはみ出てしまってる人がいて構図がイマイチ。大きくトリミングしています。

黄色の線から誰も出なければ、黄色の線の内側から撮影しても条件はほとんど変わらないんですけどね・・・。

さて、気を取り直して直後に来た普通で中之島へ向かいます。往年のノンストップ運転と異なるのは、中之島始発なことですね。淀屋橋には定期特急が居たので入れなかったのかな。

中之島駅で本日発売の「旧3000系特急車~ラストランに向かって~」を購入します。すると「中之島駅着席整理券」が入手できます。着席整理券がなくても乗車はできるのですが、これがあると窓側の席を指定券的に確保できます。

いよいよ改札を通ります。臨時快特 出町柳行き。停車駅表示がオトコマエ。京橋の次は七条です。



臨時快特の停車ホームは発車10分前まで着席整理券所持者しか入れません。このおかげで発車10分前までゆっくりと撮影ができます。先頭側は混雑していたものの、後ろ側は人も少なくまったり。じつは、後ろ側は着席整理券を持たない人の前に入って撮影できてしまいました。



さて、鳩マーク付きのお顔とご対面。種別・行き先幕の上に被せる形になっています。形式も8030系から3000系のものに。左下に小さく8030系の番号が。





前後から撮影を済ませて乗車です。なぜか着席整理券と異なる席に座ってしまいました。私の席には親子連れが座ってたんでその後ろに座った形になりました。まあいいか。



11時40分00秒定刻(に見えた)に発車。「ぴしっとしてはるわぁ」とは後ろの席から聞こえてきたおばあさんの声。大層この車両がお気に入りの様子でした。




道中はあまり飛ばさず(飛ばせず?)定期特急の前を走る形になっていました。しかも前の普通が少し遅れていたらしく、大阪京都の府境ではかなりのろのろでしたが、停車発車のショックがなく快適でした。

車内は窓側が埋まっている程度で、京橋からの乗車もあまりなくまったりした車内で快適な小旅行を楽しみました。

三条時点で4分程度遅れていました。駅表示は1分の差で続けて特急が・・・知らない人にはなんのこっちゃ?だったでしょう。さらに普段の特急停車駅で快特の通過駅である枚方市や丹波橋では「えっ?特急通過してるんやけど??」って感じだったに違いありません。



出町柳到着後、すぐに回送で発車していきました。あっという間の出来事でした。わざわざ出町柳まででたのでえいでんもちょっと覗いて来ました。まんがたいむきららとタイアップしてるっぽいヤツが来てました。

帰りは新3000系に七条まで乗車。こちらはいつ乗っても感心する乗り心地ですね・・・。
2012.9.22-23の撮影記です。

配1974~1975に原色のEF64 1050が入っているのでNikon1新レンズのテストも兼ねて撮影に出向きました。

まずは、HM付快速。カカシが並んでいたので一緒に撮影。




配1974は残念ながら運休。。。第二目標に切り替えて183系。なぜかホイッスルを鳴らしていました。フタが空いてます。




翌日、再度挑戦。

配1974レ・・・EF64 1050です。本当に貴重な直流標準色。西日本ではJR貨物のEF64 1000番台以外はお目にかかれないはず。




カカシを入れようか、田んぼを入れようか、色々悩んで中途半端になってしまいました。かなりトリミングしています。

そして夕方の75レ。原色のEF65 2119が入りました。曇りで暗く多少流れてしまいました。。




子供のころからの刷り込みのせいか、国鉄型の原色がやはり一番しっくりきます。


1年以上前に予約したキハ52が来ました。カンタム仕様です。
当時、大糸線や磐越西線のキハ52末期で盛り上がってた頃で細かいことを気にせず予約したものです。

良く考えてみれば、0番台なので大糸線を走ってた100番台と違ってるんですけどね・・・。

さらに、天賞堂のプラのキハ17やキハ22など色が変(確かに変)で、できればブツを見て買うべきなのに、カンタムってことと安値につられてしまった・・・。試作を見る限りましになってるように思ったのですが到着するまでドキドキでした。

で、まずは色合いなのですが・・・TOMIX キハ52大糸線との比較です。




クリームの部分が黄色味が足りないような気がします。が、許容範囲内かと。軽く試運転してみて、音は結構いい。力行と惰性が表現されていて、以前より改良されてるように思いました。

ただ、手放しで喜べない部分が・・・室内灯です。




KATOの室内灯クリアと同じような色合い、明るさなのですが、どうもいただけません。
青すぎるし明るすぎるし、良く見ると室内というより窓ガラスが光ってる!
乗客は目が開けられないに違いない(笑)

ここでひと手間入れることにしました。まずは分解して構造を調べます。



分解は容易でドア横のガラス兼用のツメ4か所を外すだけです。
天井には4つの白色LEDが付いてました。
詳細は省きますが3,4回分解しては組み立ての試行錯誤を繰り返し、、、
・窓ガラス側への遮光
・LED直下の遮光を外してマスキングテープで光を拡散
・LEDをクリアオレンジで着色して電球色化
を行いました。

インレタや部品取り付け込でなんだかんだで半日費やしてます・・・。




LED直下の遮光を外したので光にムラが出てしまいましたが、これをしないと暗すぎたので仕方ないです。
実写ではここまで極端にムラには見えてない上に、車内の光が自然に漏れてるように見えるのでよしとします。




車番等は気動車王国四国の宇和島所属としました。停止させてアイドリングさせてるだけでも楽しめますし、だらだら走らせるより、停車・発車させるのが楽しいです。
(初期設定だと加速がよすぎて感覚と合わないので設定を変えて荷重を8くらい掛けています)

車体中央に煙突が通ってる形態は0番台のポイントですが、同じ形態の車両に乗ったことがある気がする。島原鉄道だっけ?と思ったけど写真を見る限り違うような。




うーん、なんだっけ。確か黄色いトロッコ連結のタイプだったと思うんだけどなぁ・・・。
2012.9.16の日記です。

なんばのぽちのフェスへ行ってきました。3連休の中日でNが10%offになっていました。
Nで以前から欲しかったものがいくつか見つかったので購入。
HOも気になるものがあったのですが値段は折り合わず・・・。





・C57 135
・さよならなはつきのあかつき編成
・雷鳥Bセット
・100系新幹線増結のさらに増結

いずれも定価の半額前後で大変お得でした。
カプラー交換等してるとかなり安くなってるんですが、個人的には手間が省けてありがたい商品です。新品購入時に店で頼むとお金取られるのに中古になると逆に値下がりするという謎の法則・・・。

何年かぶりに日本橋にも寄ってきました。
あちこちみて回ってましたが主目的は部品屋。表のわかりやすいところにあった店でテキトーに電球色LEDを100個980円で入手。色味とか起動時の安定感とかどうかなーと思ってましたがそれなりにまともでした。



さっそくKATO 100系で交換テスト。左が交換後です。もともと麦球かと思うほど暗いヘッドライトだったのが、まぶしい明るさに!
ちょっと黄色気味なのでオレンジを軽く足すといい色になりました(画像はオレンジを足さない状態)。

100系はせっかく交換したのですが尾灯が暗く、これの交換用赤色LEDを持ってないので交換作業はSTOP。その代り、EF58やEF65等の機関車を何両か交換しました。最初はマジメに半田を吸い取って足から抜いて・・・とやってたのですがそのうち面倒になりLEDの足をちょん切ってそこに新LEDの足を継ぎ足す形にしています。
こちらの方が何倍も速く作業がおわりました。

半田ついでに電池の液漏れで接点が死んでいたバランスWiiボードも修理しました。そういえば、カンタムコントローラーのコネクタ配線も残ってたなぁ・・・。いずれやらねば。
予約していた別の車両の代金を払いにいったのですが・・・C11に化けてしまいました(汗)

大井川・北海道・只見と3回牽引列車乗ったことがあるわりにピンと来ないなぁ・・・と思い見送ってたのですが、店で実物みたらピンときてしまいました。

さてどのモデルで行くか・・・運転会中、悩んでたんですが、
・乗車経験
・窓が木枠でないこと
・在庫有り
から真岡の325号機に決定。運転会後すぐ購入しました。




所々金色が挿してあっていいアクセントになってます。




ただし、いくつか欠点があり、
・パワーパックによってはスローが効きづらい(KATOのパワーパックSではなんとかOK)
・ライトの中のLEDが丸見え
・煙室扉ハンドルのバリ
・石炭がいまいち
等々。まあ、いずれも誤魔化しが効くのでよしとします。
KATO C56に比べたらコスパは良いと思います。

とりあえず、ライトレンズが簡単に外れたので(本当に簡単に外れるので運転中に無くさないように注意)、ライト内に銀色を挿してみました。
元のままだとライト内が黒なのでLEDが目立ちすぎます。そこそこ効果あったとおもいます。気合があればパテでお椀型に整形してから銀を塗ったりするとよさそうです。あるいは、LEDも一回銀に塗ってしまい、中心のみ薄め液で銀をはがすのもよさそうです。

あるいはレンズ側も艶消しクリアでぼかしてしまって目立たなくしたり、325号機のレンズは黄色っぽいのでクリアイエローで・・・きりがないですね。

以下、2010年秋のSL会津只見号の参考写真です。
325号機は側面ナンバープレートの位置が低めなので位置を割り出すのに苦労しました・・・。



区名札が会津で後ろ側に刺さっています。



公式側の区名札も同じく後ろ側。



天気は悪かったですが紅葉は素晴らしかったです。このヘッドマークは再現したい。漆塗りの高価なものらしく会津若松到着後すぐ外されていました。



給水。この時買ったヒラタケをバター炒めとみそ汁にして食ったのですが、すごく旨かった・・・。



以下、思い出ですが、きたぐにで新潟まで出て、新潟から小出まで乗った臨時快速充当のKenji、小出駅直前でブレーキ故障で立ち往生して、只見駅で撮影・買い出しする時間がなくなって往生しました。
トイレが壊れるわ、ドアは壊れるわ、ボロボロで廃車近いな、と思ったものですがまだ活躍してるようですね・・・。JR最後のキハ58系のはず。
2012.9.8は運転会の日でした。

午前は最近発売となったC11祭だったようですが、午後から参加だったので落ち着いていました。





HOはEF64 1000のプレステージが偶然もう一台そろっており、重連運転で楽しめました。
KATOのEF58を久しぶりに持ち出したのですが、なかなか良く出来ていると再認識。




Nはテーマが新幹線。だれもが持ってそうな500系が不在でしたがこうして並べると壮観でした。




ブラスのC12と天プラC11をお借りしてサイズの比較。頭一つ分C12が小さいですね。

初のプレステージを入手しました。まあ、中古ですが。




ナンバーは1017が付いていましたが、JR東日本には継承されていないナンバー。
他にJR東日本に継承されたナンバーで付属してたのは、1029、1031。
しかし、1029はすでに廃車、1031は双頭連結器装備・・・。

双頭連結器仕様にはようやらんので、
どっかから1050番台のナンバー持ってくるか、
とりあえずこのまま放置か。

入手した素のままですが、とりあえず運転会に持ち込みますかね。
引かせる客車がないな・・・。

2012.9.1の撮影記です。

神戸港第1突堤に海王丸が来ていて、本日出航するとのことだったので見物にいってきました。
結構多くの人出がありましたが、第一突堤自体が広くてそんなにゴミゴミすることもなく。

出航時に船員が船のマストに上り、「ゴキゲンヨウ」と船の方から掛け声がありました。




これ目当てで集まる人が多いようです。

個人的には帆を張るのかと期待していたのですが・・・





タグボート2隻で方向転換した後、帆走せずに神戸港を出ていきました。
(そんなもんなんですかね)


その他、普段解放されていない第一突堤からジャンボフェリー等いくつかの船を見ることができました。


2012.9.1の撮影記です。

最近おなじみの山陽トワイライトの日でした。以前被ってほぼ撃沈だった夙川カーブで撮影したいなぁ・・・と思ってたものの雨の予報。

AM5:00・・・思いっきりザーザー降ってる音がする・・・睡眠継続。

AM6:00・・・お、雨やんだか??→出陣。

AM6:30・・・大阪湾からゲリラ豪雨が北上、猛烈な雨(傘さしててもひざ下濡れるレベル)

AM7:30・・・普通の雨に戻る。アメダスを見るとAM8:10くらいに雨やむ。

AM8:07・・・かなり小雨の中、トワイライト通過。南側は青空。




AM8:10・・・雨やんできれいに青空 orz

通過後雨がやむありがちなパターンだったものの、最悪の状態は脱して普通に撮影できました。東の空が明るかったのも幸いして上出来なカットに。

AM6:00時点からまってたのは5名ほどでしたが、通過10分前には+10名ほどでした。

この後、72レにEF65 2119が入っていたのですが別件のため撤収。
次の記事にて。
2012.8.26の撮影記です。

岸辺からの帰り・・・吹田信で無動付のカモレを発見したのでいつもの場所で撮影。





一見、たまにある2073レの無動付・・・に見えたがさにあらず。EF210の後ろのEF66のパンタが上がってる!

姫路あたりで故障した5051レの差し替えに画像の本務機のEF210-154を使うとのことで、姫路以降次位のEF66 116が2073レの本務機になるために通電状態になっている、らしい。

ちょっと珍しいパターンでした。

 | Copyright © lazy & relax All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。